神様や自然の事、これまでの神業のこと
気づきに終わりはありません。

宇宙を学ぶたびに、まるで試されるかのように
神様はあなたを動かすでしょう・・・
天神の御教言を心に玉串として夕暮れより
日の出づる頃まで天津詔戸乃太詔刀を
唱えて祈らば天上の八井の水がでる兆となる

神代文字に携わってるので思兼之命神様にご挨拶に行ったら・・・


思兼之命は文学と智慧の神様


久しぶりに挨拶しようと


うきは稲荷に行ってきました。




思兼之神様は本来、朝倉にいらっしゃいますが


昨年の災害で現地には行けません・・・

早く復旧、いつもの暮らしができることを願います。


うきは稲荷はたくさん神様がいらっしゃいます。


京都の宇迦之御魂大神

京都松尾大社の大山咋神

大宰府の菅原の神

IMG_1727.jpg 

朱色の神社は同族、同系または同盟を意味します。

稲荷というだけの意味ではありません。



大きな朱色の鳥居が山の上まで続いています。


歩いたらキツイので車であがります笑


IMG_1724.jpg 

ここは正月に必ず参拝し、天気がいい時は見晴らしがいいので


たまに行きます。


稲荷は皆さん、怖いというイメージがありますが


八幡系の神様ですから怖いことはありません。

いたらんことするのは、眷族たち(真面目な動物霊)


動物霊は簡単に説明すると元は人間の霊です


またその霊自体が次第に動物だと思い込んでるのが本筋かと思います。


あの世で聞いた訳ではないので
定かな話ではありませんが、私の経験則です。


IMG_1725.jpg 

これのところに しずまる かけまくも・・・


で、挨拶申し上げ菅原の神様にお会いしてきました。


菅原公の魂は、スサノオの神様です。



そして守護導く神が思兼之命の神様で文学と智慧の神でもあります


かの天照神様を岩屋から出そうと諭されて神様で有名ですね・・・


そして文字の神様でもありますから、神代文字に携わっていますから


時々、ご機嫌伺いにいきます^^


天神社、天満宮という神社には菅原神もしくは思兼神が奉じられています。


天神様は、たくさんいらっしゃいます。



日本の組織で喩えにしたら神様に気品がないと怒られそうですが


政府の内閣の人達が天神です。

地方の首長が国津神と思えばいいかも・・・


ですから天神様はたくさんいらっしゃるのですね。

IMG_1726.jpg 

この鳥居の真正面の山が朝倉です。


その山に思兼神様がいらっしゃるのですが・・・


菅原の神様にご挨拶にきたと伝えてくださいとお願いしてきました。


日本を代表する神々がいらっしゃいますので


市外の方々の参拝も多いです。


IMG_1723.jpg 


鳥居の左の石が天の浮船です


異次元で言うと天之浮雲でありUFOです・・・



この山、上空で一度みました


昼間なのにプラチナ光が認識できる球体でした。


そしてこのブログのプロフィールにのってる画像が


この岩です。


女性でも簡単に岩の上あがれますので


危なくありません。



お近く通りの時は、どうぞご参拝ください。










コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こうじろう

Author:こうじろう
はじめまして。こうじろうと申します。
福岡はうきは市の山裾で
自宅を日月ノ宮とし斎主として
奉じています。
普段の神様のことを自由に
書いています。
皆様の何かのヒントになれば
幸いです。

神様から教えてもらった

スポンサーリンク
カテゴリ
ポチっとで幸せ♪
検索フォーム
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
神様に誘われた山の暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ