FC2ブログ

神様や自然の事、これまでの神業のこと
気づきに終わりはありません。

宇宙を学ぶたびに、まるで試されるかのように
神様はあなたを動かすでしょう・・・
天神の御教言を心に玉串として夕暮れより
日の出づる頃まで天津詔戸乃太詔刀を
唱えて祈らば天上の八井の水がでる兆となる

神宿るよものくにの比売話



水が病気を予防したり


治したりできたら、どうしますか?


中臣の寿詞にある一節があります

それは




水で病気が予防も治癒もしてくれる


何で水かというと



天津詔戸乃太詔刀言遠以氏告禮
アマツノリトノフトノリトゴトヲモチテノレ

これは天神の御教言を宣るというわけなんだが
(御教言そのものは大祓そのもの)


この意味は天神の御教言を


玉串として土に突き立てて夕暮れより


日の出づる頃まで天都詔戸乃太詔刀を唱えて祈るべし

という意味であります。

此の後に


如此告波麻知波若蒜仁由都五百寶生出牟とある
かくのらば まちは わかひるに ゆついほ たかむら おひいでむ


とあり、天津祝詞を唱えれば前兆が起こり

その現象は五月のたけのこ
(竹が土より生ずべし)

その時にフトマニを以って、ト事(呪術)をなして

水が出る兆を起こす。

IMG_1504.jpg 

麻知のマチはフトマニのマニと同じであります。

五百とは竹の藪の大きさをあらわし


この一節の後に自其下天乃八井出牟と繋がります。

これは生えたる竹の下より


天上の八井の水が出ずべしという意味で


つまり天津詔戸乃太詔刀言遠以氏告禮のあとに

願いの詞である天都詔戸乃太詔刀に変るのです。


分かりやすく言えば、天の神様が使っている天水が

地上に下りて都の水と変化するということです。


天皇の御世は長く続かないといけない
病気にもなってはいけない


だからト事(呪文:占い)をもって
儀式を行ったのであります。


この八井の水は、まず帝が召されて

益人等に分け与えられます。


この天の水を真名井の水ともいいます。


水はすべての命を司る源です


病気が治らないわけがありません・・・


長年の人間の不健康食、不摂生と神をないがしろにする
物欲、利益信仰が治らないようにしてるだけだと


神社の手水舎に行くたび思います。

最近行った、おおなむち大神ご神体の山入り口の

田神社の水は(今は水はありません)古来より

皮膚病に聞くとの言い伝えがあります。

水はなくても1リットル持って行き、神様の前で

大祓詞~中臣寿詞~天都詔戸乃太詔刀
              (自分の願いの言葉)

を唱え、奏上が終わったあとに、再度、願いを21回唱えます

普通の水が天上の八井の水に変るでしょう・・・

わたしが住んでるうきは近辺では清水寺の湧き水を

好んで飲んでます。

IMG_1375.jpg

朝起きて1杯

寝る少し前に1杯

体内のその日残りの邪気をトイレで流して眠りにつく。














フトノリを別に定めなければならない


定めるのは帝であり奏上は中臣である。







コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こうじろう

Author:こうじろう
はじめまして。こうじろうと申します。
福岡はうきは市の山裾で
自宅を日月ノ宮とし斎主として
奉じています。
普段の神様のことを自由に
書いています。
皆様の何かのヒントになれば
幸いです。

神様から教えてもらった

スポンサーリンク
カテゴリ
ポチっとで幸せ♪
検索フォーム
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
神様に誘われた山の暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ