神様や自然の事、これまでの神業のこと
気づきに終わりはありません。

宇宙を学ぶたびに、まるで試されるかのように
神様はあなたを動かすでしょう・・・
天神の御教言を心に玉串として夕暮れより
日の出づる頃まで天津詔戸乃太詔刀を
唱えて祈らば天上の八井の水がでる兆となる

秘境の探検、久し振りの神様ご挨拶で源氏と平家の秘密


秘境の探検、久し振りの神様ご挨拶で


源氏と平家の秘密が少しわかった




さすがにガツン!と


パワー最高の場所です


天の神様がいらっしゃる・・・


神社を探索してるうちに

思いもしない思考が入ってきました・・・。

日本は何故、戦争にまけたのでしょうか?

いや、何故、戦争した本質

アジアを救うため?これは表の理由です

今は総理大臣は割りと長いですがよく

交代するのでしょうか?

現在、何故、総理が変ろうとしてるのでしょうか?

また何故、日本の帝が変ろうとしてるのでしょうか?

そんな表向きの疑問が少しわかった

割と知られていないパワースポットです。

IMG_1404.jpg



箱崎八幡と宇佐神宮に

関連する神様でした・・・

箱崎~英彦山~藤群神社~?


行ったのは藤群神社と?


藤群は大分県宇佐市院内町にあります


この二本杉が素晴らしい・・・


IMG_1408.jpg 

左が男神、右が女神のようです。

神殿はとても静かで天照パワーを感じましたが


神様がたくさんいらっしゃいます。



もうここで、日本の神様お参りしたといってもいい位

神様がご鎮座されてあります。

IMG_1402.jpg 

多分、何らかの理由で合祀されたと思います。



藤群神社は霧紋です。大変珍しい神社です・・・

桐紋は元々、天皇家が使用していました。



今では日本政府が使っています。


此の神社で現在の日本の状態がわかるような気がします・・・


何故かというと、霧紋は天皇家から秀吉が紋を賜り、やがて秀吉は


功績があった家臣にまで桐紋使用をゆるしていますが


家臣用としてアレンジしています。


やがて皆さんご存知の関が原の戦い・・・豊臣側の西軍は負けて


徳川の天下! 徳川は源氏です。関東より上、東北地域ですね・・・


太字の部分は、重要なポイントです。



豊臣西軍は九州に逃げました




この藤群神社が霧紋の理由は2つあります。


1つは:朝廷側の平家の重臣がいた所、宇佐神宮が近い。


2つは:九州は平家だらけの島々です。ですから朝廷側。

IMG_1406.jpg


ちょっと、まとめます。


徳川:源氏

豊臣:平家


霊感も働かせながら探ります・・・

何か証拠みたいなのがあるはず

先ずは神様にご挨拶が先でした^^

IMG_1407.jpg 

すごいパワー・・・・伊勢内宮なみです。

病んだ人達の参拝者がいない分、神聖かもしれません。

小さなお宮ほど、静かな所ほど神様はいるのです。

観光地は下の神様が番はってます。


ここの神様は、ある場所を向いています。それは(次回)


やがて徳川(源氏)の時代も終わりが近づいてきます・・・


薩長同盟が霧紋かかげて統幕にあがりました


平家です・・・朝廷ですね。


この石碑で確信しました!完全に平家の流れです

IMG_1405.jpg 

聖寿萬歳と書かれてあります。


これは万歳を意味します・・・

万歳は元々、朝廷の詞です。


帝(天皇)が末永く御世を治められるようにという意味で

また末永く生きてくださいという意味でもあります。



今上天皇も皇太子様もいつまでお元気であられてほしいですね^^


万歳~万歳~万歳。


さて源氏と平家の関係を遡って考えてみました

源氏、平家といっていますが、あくまでも名称で


お互いの敵対関係として位置付けしてみます


仮の話ですがまんざらでもありません。





出雲とヤマトの戦い

最終的にはヤマトが政権とりました。


ここで皆さん知らないこと・・・


出雲王朝もヤマト王朝も信仰する神は天照です


倭国(九州)も天照です。


この意味、みんな天照・・・重要


倭国と出雲は同族


倭国の罪作り(冤罪を作り上げた勢力)とヤマト(奈良)が結託

当時、ヤマトも倭国でした。


此処までが神代の時代


その神代の時代が反射したのが上の時代です。



その後、似たような時代に入ります

IMG_1421.jpg

神武天皇:どこから来たかは保留します。宮崎県日向一族は確かです

というより先祖になります。


豊葦原を制定、建前上後のヤマト政権、倭国誕生。


クーデター(近畿、関東、東北)が起こります。


白村江の戦い

百済・倭国VS新羅、唐
(九州VS近畿一部、関東、東北)

日本の歴史は白村江の戦いを研究することで

卑弥呼も神功皇后もヤマトタケルもわかります。


私の場合は霊感です。または、とんちんかんともいいます(笑)


倭媛(内宮にいますね)現在の久留米からつれてこられました

稀なる仙術を使う巫女でしたから


根っからの九州人は関東は嫌いなのです。今は混沌の人種が集まってますから・・・


だから私は歌舞伎は嫌いです。見るなら能

格が違いすぎます

歌舞伎は庶民、能は貴族。巫女舞も能です。別にこの話はいいいとして・・・


百済・倭国(前ヤマト政権)意味」わかりますか?


九州が王朝で帝がいた都です。この話は別の時に・・・


その場所は朝倉筑前町・・・

ここで人間界に転写した話を最初と過程します。


正統王朝(九州):平家VS源氏(近畿一部・関東・東北)


神功皇后:近畿一部勢力(当時の新羅に恨みがあります)利害が一致しました


何とか平家が勝ちました

中大兄皇子のちの天智天皇御世になったから


そして弟の天武天皇で勢力が代わります。


表向き平家ですが源氏勢力


時代は進み


有名な源氏と平家の戦い


一つの疑問が発生します・・・・


平家は何故、九州をめざしたのでしょうか?ここです。

結果、平家滅亡・・・実際は滅亡していません。

正統な平家子孫が残ります


ここでいう平家子孫・・・難しい問題です
(身の安全の為・・・ふれません笑)


源氏の鎌倉時代突入


信長:義昭を京都から追放(義昭は源氏についていた為)

信長本能寺:実際は死んでません秀吉に委任。


信長:秀吉(平家)

光秀:源氏


秀吉の時代です。


朝鮮出兵:諸外国の圧力があり天皇家を守る為


戦力をアピールする為、やむなく侵略とされてるが実際は友好条約が意図


やがて徳川VS豊臣=徳川の源氏勝利!


明治維新:鹿児島から始まった倒幕


明治政府(平家)


日清・日露=列強の平家


米国との戦争(源氏のクーデター)で日本敗戦。


平成御世:(源氏)


現在に至る


しかし、地下でいつまで続くのか?


これをいっちゃ~おしまい


だから神様がする天変地異は富士の山が怒った時です。


現在その後・・・色々ありましたね


源氏が平家を平家は源氏を、平家が源氏を、平家が源氏を

源字氏が平家を、つい最近、平家が源氏を


何年か前、日本を代表する○○○メーカーが米国に泣かされましたね・・・


これも平家が源氏をです。


来年、やっと・・・・



庶民の私としては、どちらが正義なのかわかりません。


ただどちらの勢力の神様も天照なのです。


仲良くして神様が示す和を持って尊しとなす。


なればいいものを・・・欲なんでしょうかねー・・・



こっちは一度でいいから欲というものを持ってみたいよ(笑)



ちなみに私は平家です。



時代が変るまで○○には絶対いきません・・・


一昨年、集中攻撃にあって瀕死で帰ってきました


その後、手術です。


神様が守って下されなかったら悪性でした。



アーメン。










★今人気の開運ブログがわかる
開運カウンセリング
ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

⇒ 今何位?
<人気ブログランキング>


○こちらのブログも合わせてご覧いただければ幸いです

●日月ノ宮斎主のBLOG:こちら

●神様のメッセージ:こちら

●神様からの贈り物SHOP:こちら

●おススメ祝詞全集:こちら

●神界の色んなお話:こちら

●お守り製作BLOG:こちら

●神様に誘われた山の暮らし:こちら

●至高の世界のBLOG:こちら

●運気を上げる秘言霊:こちら


コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こうじろう

Author:こうじろう
はじめまして。こうじろうと申します。
福岡はうきは市の山裾で
自宅を日月ノ宮とし斎主として
奉じています。
普段の神様のことを自由に
書いています。
皆様の何かのヒントになれば
幸いです。

神様から教えてもらった

スポンサーリンク
カテゴリ
ポチっとで幸せ♪
検索フォーム
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
神様に誘われた山の暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ