FC2ブログ

神様や自然の事、これまでの神業のこと
気づきに終わりはありません。

宇宙を学ぶたびに、まるで試されるかのように
神様はあなたを動かすでしょう・・・
天神の御教言を心に玉串として夕暮れより
日の出づる頃まで天津詔戸乃太詔刀を
唱えて祈らば天上の八井の水がでる兆となる

感謝を意を伝える彼岸明け

今日24日は彼岸明け

私たちが住んでる世界が此岸(しがん)

彼岸はプラチナ白色光でいわゆる

主の守護霊たちがいる世界

もともとは人間と他の惑星の生命体

彼岸中はグーグルクロールのように24時間

此岸を探査しています。

上からは


下にいけても下からは上にはいけません・・・
縦の規律です。

行けるのは三次元の錯覚を超越した魂のみ


春はあけぼのというように春夏秋冬のはじめ
この季節はたくさんの気づきが起こる時でもある。
明け方の太陽は白く、雲は紫

神様の慈悲を感じる季節
宇宙から2秒に一度、生命エネルギーが放射され

生と死に分かれる
呼吸と同じで吸う吐くは無意識にしていますが
その間には一時、止まっています。
気づかないだけです・・・

彼岸も春と秋
生と死
大祓いも2回


この時期に宇宙の扉が開いて神の息吹が流されます
今、瞬間生きてることがありがたいのです。

彼岸の生命体である天使は様々な形で
人に学びを促してきます
その集中指導が今の時期

しかし人間の世界もそうですが上には上が必ずいます
物事もそうです・・・

彼岸の世界の上にはさらなる世界もあります
何で知ってるのかになりますが
神の世界も形もすべて神の転写だからです。

宇宙は大地に転写され大地は人に転写し
宇宙と同じシステムで動いています

夜、明日を迎える前に
生きてることに感謝しましょう

自分を供養せずして先祖の供養は成り立ちません

この喩えがいつの間にか先祖供養になっていった訳
なのかもしれません。しかし気持ちは大事です。

すべて命は動いています。
留まるのは呼吸と同じでほんのわずかな間

これを踏まえて考えると苦も楽もわずかの間
肉体を無くしてあの世へ行ってもわずかの間
先祖はもう生まれ変わっています。
供養、祈るならば

みんなの幸せを祈るのが
宇宙に対する筋だと毎年、春にはそう思えてなりません。

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こうじろう

Author:こうじろう
はじめまして。こうじろうと申します。
福岡はうきは市の山裾で
自宅を日月ノ宮とし斎主として
奉じています。
普段の神様のことを自由に
書いています。
皆様の何かのヒントになれば
幸いです。

神様から教えてもらった

スポンサーリンク
カテゴリ
ポチっとで幸せ♪
検索フォーム
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
神様に誘われた山の暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ